MENU

乳酸菌を必要な人

乳酸菌の摂取は、腸内の状態を良くするためには必要なことです。そしてどんな人でも腸内の状態が悪化することもあり、そんなときには特にしっかり摂りたい成分と言えるでしょう。しかし乳酸菌を必要としている人は、腸内の状態が悪化している人と言いたいところですが、腸内環境はちょっとしたことでも悪化してしまったり、加齢によっても悪化すると言われています。腸内研究が進むにつれて、腸内の状態の悪化はさまざまな病気を引き起こし、精神的な問題まで関わることも分かってきています。そのため毎日元気でいたい、元気な老後を送りたいという人すべてに必要な成分だと期待されています。

 

こんな人に是非乳酸菌を試してほしい

  • すっきりした毎日が送れていない
  • 下痢をよくする
  • ぽっこりお腹が気になり出した
  • 40歳以上の人
  • おならが臭い
  • 肉食、洋食中心である
  • 野菜が少ない食事
  • 暴飲暴食が多い
  • 睡眠が乱れている
  • ストレスが多い
  • 睡眠障害がある
  • 鬱状態になることがある
  • 前向きに考えて元気に過ごせない
  • むくみやすい人

このような心当たりがあるなら、腸内の環境を見直すことが大切です。乳酸菌を摂取することも考えてみましょう。

 

乳酸菌を毎日摂取する意味

乳酸菌はお腹にいる善玉菌ですが、人によって相性の良い乳酸菌があるようです。もともと腸内の細菌の種類の傾向は人によってまったく違います。そのため乳酸菌にも相性があり、相性が良ければしっかり腸の中で善玉菌の応援をし、相性が悪ければ善玉菌の餌になって応援したり、そのまま排出されていきます。
人によって、同じ乳酸菌をとっていても、期待される効果が違うのはとういうことです。人それぞれに相性の良い乳酸菌を見つけ出すことが重要ですね。

 

例えば植物性乳酸菌は日本の食生活の歴史からみてもとても相性が良く、植物性乳酸菌の特徴でもある強力な善玉菌へのサポートも期待できます。
またヨーグルトなどは1ヶ月ほど摂取し続けて、あまり乳酸菌を感じないときには銘柄を変えてみるのもおすすめです。それぞれのメーカーによっていろいろな乳酸菌を使用しているので、相性の良いものを探すことができます。

 

そして相性が良くても摂取した乳酸菌は、ずっと腸の中に住み続けることはほとんどありません
乳酸菌は毎日摂取し続けることが腸内環境を整える事につながっていきます。

大正善玉はこちら