MENU

乳酸菌の寿命は?

乳酸菌の寿命は腸内の条件によっても違いますが、約3日〜1週間と言われています。また乳酸菌の強さや加工などによって、もう少し長いこともあります。しかしこのぐらいで消滅していくわけです。

 

腸内にもともといる細菌は増殖をするので、寿命がきても数的には増えていくことができます。しかし口から摂取した乳酸菌の場合は、もちろん寿命がくるまでは増殖もしますが、主な働きは善玉菌の増殖をする環境を作るため、悪玉菌の増殖を抑えるサポートや善玉菌の餌になって応援するわけです。

 

乳酸菌には数日の寿命なので、毎日摂取することで途切れることなく腸内に乳酸菌を補充することが重要となります。そして善玉菌が優位を保てるように、サポートする役割があります。乳酸菌の寿命があるということは、毎日続けて摂取することが大切だということなのです。

 

乳酸菌の摂取について

乳酸菌をできるだけ毎日しっかり摂る努力をするためには、食品から摂るなら漬け物などの発酵食品や乳発酵製品であるヨーグルトなどを意識的に摂ることです。しかしここにも落とし穴があります。ヨーグルトはおいしい味つきのものなら糖分の摂りすぎになり、他にもカロリーの摂り過ぎに注意が必要です。また漬け物などは、塩分の摂り過ぎに注意が必要になってきます。

 

そこでしっかり乳酸菌を摂取したいなら、乳酸菌サプリや今回ご紹介している大正善玉ヘルスマネージ乳酸菌青汁などで摂取することがおすすめです。特にこれらの注意をしなくても、簡単に必要な乳酸菌がしっかり摂れるというメリットがあります。ただし目安量を守ることは重要です。乳酸菌の過剰摂取は特に問題はありませんが、それでも便が緩くなったりすることもあり、必要以上は排出されてしまうので注意しましょう。

大正善玉はこちら