MENU

乳酸菌の生菌と死菌

大正善玉ヘルスマネージ乳酸菌青汁の乳酸菌は殺菌乳酸菌いわゆる死菌が配合されています。生菌と死菌の意味を考えるため、まず死菌と生菌について簡単にご説明したいと思います。

生きた乳酸菌について

まず乳酸菌はもともと胃酸や胆汁などの酸や空気、熱などに弱い性質があるため、そのまま口からの摂取をしても腸までなかなか生きた状態では届かないと言われています。そのためプロバイオティクスの研究が続けられてきました。
プロバイオティクスとは腸内フローラに良い影響を与える、生きた微生物のことを言います。つまりきちんと腸まで生きたまま届くことが条件でもあるのです。そして研究は進み、今では酸に弱い乳酸菌という定説を崩すほど、強い乳酸菌が発見されています。

 

そして生菌は生きたまま腸の中に入ることで、腸内フローラに変化を起こすお手伝いをしてくれるのです。当然、腸内フローラは健康の多くを司っていると言っても過言でないことも分かってきており、生菌の嬉しい効果が期待されているのです。

 

死菌となった乳酸菌について

生きた乳酸菌に対して、死菌となった乳酸菌は意味がないのでしょうか。それは一昔前の話のようです。現在は死菌としての乳酸菌の働きにも熱い注目が集まっています。腸内フローラ自体に影響を与えるのがプロバイオティクスである生菌。しかし死菌は体の機能に直に影響を与えるという働きがあることが分かってきたのです。一番大きな違いは、この影響を与える部分の違いということになりそうです。

 

もちろん死菌は腸の中の善玉菌の餌になって、腸内フローラに間接的な影響を与え、また腸内の免疫細胞に影響を与えてくれるのです。そして加熱処理などを施された死菌となった乳酸菌は安定した状態となり、酸などの影響も受けず生菌より膨大な数の乳酸菌を腸に届けることができるのです。

 

つまり「腸まで届く」という言葉は生菌にも死菌にも使われていますが、生菌の場合は「生きて届く」という意味であり、死菌の場合は「何の影響も受けずに届く」という意味の違いがあるわけです。

 

生菌と死菌の免疫活性化サポート力

生菌と死菌では免疫の活性化に対するサポート力は、死菌が生菌の1.5倍近く(種類によって違いは多少あり)あるのです。その結果、死菌の方が免疫力を高めるお手伝いに対しては、強い力があると言えるのです。

 

生菌と死菌の腸内フローラ改善サポート力

どちらも腸内フローラの改善をお手伝いする働きはありますが、生菌の場合は善玉菌が活発に活動できる環境を作るお手伝いをします。つまり乳酸菌も善玉菌であり、腸の中の糖分を分解して乳酸を代謝します。それによって悪玉菌の増殖を抑えることで、腸内に住み着いている善玉菌がより活動できるためのサポートをします。それに比べて死菌の方は善玉菌の餌となって、間接的に善玉菌をバックアップします。もちろん生菌も同じように善玉菌の餌となりますが、餌だけではなく腸内細菌自体に働きかけるのです。

 

生菌と死菌について

乳酸菌は生菌も死菌にもそれぞれの意味があり、どちらも素晴らしい期待ができます。わたしたちはこれからも、自分の状態にあった乳酸菌を上手に利用することで、毎日の元気を長く続ける努力をしていくことができそうです。

大正善玉はこちら