MENU

善玉菌が減る原因について

善玉菌が優位でいられるには、善玉菌が悪玉菌より数の勝負で絶対に多くなければなりません。
毎日乳酸菌の摂取をすることで善玉菌を増やすことにつながりますが、腸内でしっかり善玉菌が優位になり続けるためには、ただ毎日乳酸菌を摂取するだけでいいわけではありません。乳酸菌を摂取しながら他に気を付けることはあるのでしょうか?

 

善玉菌が減る原因

腸内において善玉菌が減る原因はさまざまです。睡眠不足、ストレス、そして喫煙、偏った食生活などがあり、それによって悪玉菌が増えるために善玉菌が一気に減ってしまいます。その結果、身体の不調につながっていってしまします。

 

睡眠不足は腸内環境に大敵

睡眠不足はさまざまなことに影響を与えますが、睡眠不足によって代謝が低下し、そのために胃腸の働きも悪くなります。またわたしたちは交換神経と副交感神経のバランスによって内臓が正常に働くようになっていますが、睡眠不足によって内臓の働きにもトラブルが起こってしまいます。それによって胃腸の働きも落ちてしまい蠕動運動も弱り、便秘や下痢が起こりやすくなります。

 

便ができるのはリラックスした状態のときであり、ほとんどは睡眠中と言われています。しかし睡眠不足になるとそれもままならないことに。このような原因から腸内環境を守る善玉菌が優位に存在するためには、睡眠不足は大敵だということなのです。

 

腸と脳と精神の関係

ストレスも当然、腸内環境を悪化させる原因として挙げられるものですが、腸と脳と精神にはとても密接なかかわりがあります。例えば回りの人を見ても分かるとおり、神経の細い人は胃腸が弱かったりしませんか。また緊張したらお腹が痛くなったり、旅行に行くと便秘になることはないでしょうか。

 

このように腸は第二の脳とも言われるほど関係が深いのです。特に現代人は少々神経が太い人でも見えないストレスがいっぱいです。そんな中で善玉菌をしっかり育てることは容易なことではありません。ストレスの原因は自分だけで解決することばかりではないことも多いため、少しでも上手にストレスを解消する自分なりの解消法を探すことも重要ではないでしょうか。

大正善玉はこちら

関連ページ

善玉菌への乳酸菌の役割
腸内は体中の細胞が正常に働くためにはとても重要な部分でもあり、そこに存在しているのが善玉菌と悪玉菌です。乳酸菌は善玉菌へどのような役割があるのでしょうか?
善玉菌と日本人
腸内環境の状態は人それぞれですが、食べ物や生活環境、気候などの影響からか、国民性の特徴もあると言われています。善玉菌と日本人の状況をご紹介します。
善玉菌を増やすには
腸内の善玉菌を増やさないと悪玉菌が多くなり、腸内環境は一気に悪化していきます。そのためにも善玉菌を増やすことがとても重要です。
善玉菌を増やす食べ物
善玉菌を増やすにはどういった食べ物を食べたらいいのでしょうか?善玉菌を増やす食べ物についてご紹介します。