MENU

善玉菌と日本人

腸内細菌の中には善玉菌と悪玉菌がいますが、悪玉菌は動物性脂肪や動物性タンパク質が大好きです。これらを多く摂取する人はどうしても悪玉菌が優位になりやすく腸内環境は悪化していきます。

 

また善玉菌は乳酸菌、ビフィズス菌、オリゴ糖などが大好きです。日本人の大好きな納豆菌はビフィズス菌や乳酸菌の増殖をサポートしていきます。
日本食は昔から善玉菌を増やす食事であり、逆に欧米型の食生活は、悪玉菌を増やす要素の強い食事だったと考えられます。

 

また、善玉菌を増すためには食物性繊維がとても重要となりますが、日本食では玄米などの穀物未精製のものが中心だったり、野菜、海藻などの食物繊維の多いものが中心でした。そして漬け物、味噌、醤油のような発酵食品が多かったため、特に意識をしなくても常に善玉菌が優位な状態にしていることができたのです。しかし食生活も欧米化してきたことから、腸内環境に大切なものが摂取できなくなっています。そのため日本人の腸内環境もまた悪化しているとも言えるのです。

 

日本人の腸内は悪化するばかり

最近の日本人は欧米型の食生活になり、動物性タンパク質を多く摂取するようになりました。その上、野菜や海藻、きのこなどの摂取も大きく減り、悪玉菌の喜ぶ状態になっています。そのため現代の日本人の腸内環境は悪化の一途をたどっていると言っても過言ではありません。

 

日本人の腸だけにいる細菌

フランスの研究者によって、藻細胞壁を専門とする酵素が特定されました。この酵素を生成する菌株はなんと日本人の腸内のみに生息する菌だったのです。まだ研究の途中であり、この細菌が海藻の消化にどれだけの影響を与えているのか、海藻を食べていない人にも生息しているのかなど、まだまだ分からないことが多いとのこと。

 

しかし、昔から海藻を多く食べる習慣のある日本人の腸内に、そんな菌がいても不思議ではありません。
わたしたち日本人の腸内に存在している善玉菌を、少しでも減らさないようにしていきたいものです。そのためにも、せっかく素晴しい日本食を、また見直していくことも大切なのではないでしょうか。

大正善玉はこちら

関連ページ

善玉菌への乳酸菌の役割
腸内は体中の細胞が正常に働くためにはとても重要な部分でもあり、そこに存在しているのが善玉菌と悪玉菌です。乳酸菌は善玉菌へどのような役割があるのでしょうか?
善玉菌が減る原因
善玉菌が減る原因についてご紹介します。腸内でしっかり善玉菌が優位になり続けるためには、どのようにしたらいいのでしょうか?
善玉菌を増やすには
腸内の善玉菌を増やさないと悪玉菌が多くなり、腸内環境は一気に悪化していきます。そのためにも善玉菌を増やすことがとても重要です。
善玉菌を増やす食べ物
善玉菌を増やすにはどういった食べ物を食べたらいいのでしょうか?善玉菌を増やす食べ物についてご紹介します。