MENU

善玉菌を増やす食べ物

健康作りに腸内環境のバランスとして、善玉菌が優勢の状況を保つことが重要になります。その善玉菌を増やすには食べ物から摂取するなら、2つの方法が有効と考えられます。

乳酸菌などを含む食品から、善玉菌を補給する食事をする
善玉菌のエネルギー源となることから、善玉菌の大好物とされるオリゴ糖や食物繊維が含まれる食品の摂取する。

さて善玉菌を増やす食べ物とは何になるのか、果たしてどんな食材が考えられるでしょうか?

 

善玉菌を増やす食べ物

善玉菌を補給する食材

善玉菌として代表的な菌種とは、やはり乳酸菌やビフィズス菌です。
そうなるとヨーグルトがまず真っ先に浮かびますが、ただ他にも善玉菌を増やす食べ物は多いはずなので探してみましょう!
善玉菌を代表する乳酸菌には植物性と、動物性が存在します。
まず動物性乳酸菌の食材とは、ここにヨーグルトが含まれ、さらにチーズなど乳製品が数えられます。
次に植物性乳酸菌の食材とは味噌や醤油など大豆食品が含まれ、善玉菌を増やす食べ物としては乳酸菌だけでなく、その他の酵母菌も摂取することができます。
ですので、お味噌汁は毎日の食事に1品加えたり、また食事は和風の味付けなら日本人だと醤油が自然と摂りやすい食材と考えられます。
さらに漬け物など、特にヌカ漬けやキムチは乳酸菌が豊富な漬け物と考えられ、風味が酸っぱいほど乳酸菌を多く含むとみられます。
ですので、ヌカ漬けの場合は洗わずに、ヌカを付けたまま食卓に並べた方が乳酸菌を豊富に摂取できるのではないでしょうか。

 

そして乳酸菌について植物性と動物性では、より植物性乳酸菌が善玉菌を増やす食べ物として有効性が高まります。例えばチーズなら何でも良いわけではなく、乳酸菌はプロセスチーズより、熱処理をされないナチュラルチーズの方を選ぶ必要があります。
どうしても動物性乳酸菌は性質的に熱に弱く、さらに胃酸など消化液により消化分解されやすく、腸内に到達する確率が低下します。その部分では植物性乳酸菌であれば、栄養価の乏しい環境下で育成されたことにより、強くたくましい性質が備わり、腸内に届くまで生き抜く生命力を持ち合わせます!

 

善玉菌が好む食材

人の腸内に生息する細菌とは100兆個も存在し、約500種類にも及ぶとみられ、これでも一部が解明されたに過ぎないと考えられます。そして腸内のスペースは限られるので、細菌がびっしり生息する様子をお花畑に例えて、腸内フローラなる言葉があるほどです。その限られた腸内で善玉菌と悪玉菌は熾烈な生存競争を極め、さらに同じ善玉菌でも育成場所などにより性質が異なることから、善玉菌同士も縄張り争いが繰り広げられるます。

 

こんなに腸内は過酷な状況だとなかなか知り得ませんが、だから年を重ねるごとに善玉菌は減少してしまうのかもしれません。年齢が上がるほど意識して善玉菌を増やす食べ物を摂取する必要性が高まり、善玉菌そのものを補給するのも有効ですが、腸内で生息する善玉菌を増やす食べ物を摂取する方法も考えられます。

 

健康作りにも善玉菌優勢となる腸内環境が理想的ですから、善玉菌は大好物をエネルギー源にするので、それをエサに増殖することが可能になります。善玉菌が大好物とするのはオリゴ糖と食物繊維、さらにグルコン酸が含まれます。
そういった善玉菌を増やす食べ物として代表的な食材は、バナナです。食物繊維とオリゴ糖のどちらも摂取することができます。
オリゴ糖とグルコン酸のどちらも含む食材とはハチミツがあります。どちらも便秘解消に挙げられやすい食べ物の代表です。

 

さらにグルコン酸が豊富な食材としてポン酢、食物繊維が多い食材とは野菜やフルーツが代表的です。
どれも食習慣として栄養バランス良く食べれば、摂取しやすいですね。
また牛乳もオリゴ糖の1種となる乳糖のラクトースが含まれることから、善玉菌が好物にする食材に含まれます。しかし牛乳は熱処理の工程でこの乳糖が消滅してしまい、有効性が弱まってしまいます。

 

他の菌種

善玉菌を増やす食べ物として乳酸菌を含む食材が代表的になりますが、より効果的なのが納豆菌です。納豆菌は悪玉菌を殺菌する作用があり、納豆を摂取することにより自然と悪玉菌を減らせるので、善玉菌優勢の腸内細菌バランスへと傾きます。また納豆菌も植物性乳酸菌の1種ですが、さらに独自の性質を保持します。納豆菌は胃潰瘍などの原因と作るとされるピロリ菌さえ退治する強い作用があり、その上に血液サラサラ効果とは、健康機能に最適な食材に数えられます。
納豆菌にもウィークポイントがあり、腸内においては通過菌となってしまい、定住できない性質の菌種になります。これはヨーグルトに含まれる菌種も同質で、だから納豆も毎日50gですから1パック以上は補給しないと、納豆菌の働きは充分ではないと考えられます。

大正善玉はこちら

関連ページ

善玉菌への乳酸菌の役割
腸内は体中の細胞が正常に働くためにはとても重要な部分でもあり、そこに存在しているのが善玉菌と悪玉菌です。乳酸菌は善玉菌へどのような役割があるのでしょうか?
善玉菌が減る原因
善玉菌が減る原因についてご紹介します。腸内でしっかり善玉菌が優位になり続けるためには、どのようにしたらいいのでしょうか?
善玉菌と日本人
腸内環境の状態は人それぞれですが、食べ物や生活環境、気候などの影響からか、国民性の特徴もあると言われています。善玉菌と日本人の状況をご紹介します。
善玉菌を増やすには
腸内の善玉菌を増やさないと悪玉菌が多くなり、腸内環境は一気に悪化していきます。そのためにも善玉菌を増やすことがとても重要です。