MENU

大正善玉「ヘルスマネージ乳酸菌青汁」の乳酸菌

大正善玉「ヘルスマネージ乳酸菌青汁」の乳酸菌は3種類(フェーカリス菌、ビフィズス菌、カゼイ菌)の乳酸菌を厳選し組み合わせ、1杯に約200億個配合されています。
この200億個というのは、乳等省令によりヨーグルト100ml(生菌)あたりの乳酸菌量を10億個として、青汁に含まれる乳酸菌(殺菌乳酸菌)量200億個と比較した場合、ヨーグルト約20個分の乳酸菌に当たります。
1度にヨーグルト約20個分食べるのは大変ですが、大正善玉「ヘルスマネージ乳酸菌青汁」の1杯でその量が摂取できると思うとスゴイことですよね。

 

殺菌乳酸菌の乳酸菌とは

殺菌乳酸菌とは、死菌のことです。
これまでは乳酸菌は生きたまま腸まで届くとよいと注目されていましたが、生菌は胃の消化液などで殺菌されてしまい、腸に届くころには有効な働きが弱くなってしまうこともあります。
一方、高度な加熱処理などを行った殺菌乳酸菌の場合、時間が経っても熱にも胃液などにも負けずしっかりと腸まで届くので善玉菌の増加をしっかりとサポートしてくれることがわかっています。
ヘルスマネージ乳酸菌青汁の乳酸菌は殺菌乳酸菌を使用しているので、しっかりと乳酸菌のパワーを発揮してくれます。

 

乳酸菌の生菌と死菌

大正善玉はこちら