MENU

乳酸菌を含む食べ物

乳酸菌が含まれる食べ物として、まず一番に挙げられるのが乳製品です。牛乳・ヨーグルト・チーズなどが乳製品であり、乳酸菌が含まれています。それ以外にも、実は乳酸菌を含む食べ物があります。それは、醤油や味噌といった発酵食品です。キムチも発酵食品ですが、実は乳酸菌が含まれています。あまり乳酸菌のイメージはないかもしれませんが、漬物などもそうですね。発酵させて作られている食べ物の中には、乳酸菌が使われているものも多いです。乳製品の乳酸菌を動物由来といい、発酵食品に使われているものを植物由来として分類しています。乳酸菌と聞けば、どちらかというと乳製品のイメージが強い乳酸菌ですが、植物由来の乳酸菌も生命力が高いといわれています。

 

そして、もう一つ知っておいてほしいのは、ヒト由来の乳酸菌もあります。乳酸菌の効果がよりよい形で人間の役に立つように、人間が工夫している乳酸菌のことをいいます。最近は多くのメーカーが独自の乳酸菌を作り出しています。ちゃんと腸まで届いて、効果を期待できるようにと作られているので、ヒト由来の乳酸菌は今注目されているのです。

 

乳酸菌を含む食べ物は、身近にたくさんあります。それをきちんと活かせるかどうか、が大事なのです。

 

乳酸菌を健康食品で摂取する

乳酸菌を含む食べ物で摂取することが難しい、食品だとアレルギーがあって口にすることができない、という人は今回おすすめしている大正善玉ヘルスマネージ乳酸菌青汁や、サプリなどがおすすめです。これらは乳酸菌のパワーを引き出せるように工夫されています。

 

食品で摂取すると胃酸でやられてしまう乳酸菌も多いのですが、乳酸菌青汁やサプリであればきちんと腸まで届き、しっかりと役目を果たしてくれます。特に最近は健康や美容の為に乳酸菌を摂取したい、という人が増えています。より気軽で効果も期待しやすいため、人気が集まっているのです。

 

食べ物の方が安心で安全と感じますが、乳酸菌青汁やサプリの乳酸菌は研究され、とても質がよくなっています。これらのように健康食品で摂取するのは決して悪いことではありません。食べ物で摂取できるときは積極的に摂りいれて、不足している分は健康食品で摂取する、というのがバランスの取れた摂取方法であると考えれます!

大正善玉はこちら