MENU

食物繊維配合の魅力

腸内環境を保つためには、やはり食物繊維が欠かせません。食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。それらの違いなども考えながら大正善玉に含まれる食物繊維について考えてみましょう。

 

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維

食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。目で見てもはっきり筋っぽいものは、ほとんど不溶性食物繊維と言われるもので、例えばサツマイモやゴボウの筋や玄米などが分かりやすいタイプです。他に野菜はほとんど不溶性食物繊維がたくさん含まれていると言えます。
また水溶性食物繊維というとヌルヌル成分などに多く含まれており、胃腸の中で水を含むとプルンプルンのゼリー状になり、そのまま腸内の脂肪などを吸収しながら便とともにスルッと排出されます。

 

腸内環境のために必要な食物繊維

食物繊維の働きには幾つかありますが、まず消化されない不溶性食物繊維はタワシのように腸内を掃除してくれます。また腸内を刺激してくれることから、腸の蠕動運動を引き起こしてくれるので便秘解消にもなると言われているのです。
また水溶性食物繊維は、腸内でゼリーのようになってそのまま腸内を下り、つまった便をツルンと一緒に排出されていきます。特に直腸に溜まって硬くなってしまった便の排出にも効果があります。頑固な便秘には水溶性食物繊維の方が、解消効果があると言われています。

 

腸内環境というと、どうしてもすぐに善玉菌と悪玉菌のことが話題になりますが、腸内をスッキリするには食物繊維の力なしでは考えられません。現代は毎日の食事にも野菜が少なくなっているという現状があり、それを解消するためには相当多く野菜を摂ることが必要になります。

 

水溶性食物繊維の食品

水溶性食物繊維は海藻に多く含まれます。特に海藻のヌルヌル成分に多く含まれ、キノコ類にも多く含まれています。また野菜の中でもオクラや里芋、山芋などのヌルヌル野菜にもたくさん含まれます。もちろんどちらも含まれている野菜やフルーツがほとんどですが、多いと言われている食品は海藻、きのこ、ヌルヌル野菜とお覚えておきましょう。他にニンニク、納豆、アボカド、エシャロット、梅干し、ユリネ、ジャガイモなども多く含まれている食品です。

 

不溶性食物繊維

不溶性食物繊維というと野菜や果物すべてに含まれています。特に太くてしっかりした食物繊維が多いものにはサツマイモ、ゴボウ、インゲン、おから、小豆、栗、エンドウ豆などとなっています。

 

人が摂取する際の食物繊維の黄金バランスは不溶性と水溶性の割合が2:1と言われています。日本人は食生活の欧米化により食物繊維が不足しがちで、中でも水溶性食物繊維が不足傾向にあります。大正善玉「ヘルスマネージ 乳酸菌青汁」を普段の食事にプラスすることで、水溶性食物繊維不足を質・量ともに改善し、理想的なバランスに整えることが出来ます。

大正善玉はこちら